老眼とレーシック

長いこと近視や乱視など視力で悩んでいる方は、レーシックに興味があるのではないでしょうか。

レーシックを受けたその日から、眼鏡やコンタクトレンズの煩わしさから開放されるというのは何よりも魅力のようですね。日々のお手入れなども、かなり負担だといいます。
先日レーシック手術を受けた友人のレーシック体験談は、第一声「世界が変わった!」でした。
絶対に裸眼で夜景を見たい!という思いで手術を受けることを決めた友人は、早速リベンジで、ハワイの「タンタラスの丘」の夜景を見に行く予定だそうです。

やはり眼鏡やコンタクト越しに見る夜景は、いくら精度のよいものを利用してクッキリ見えたとしても所詮ガラス越しの夜景。やはり障害物を隔てない裸眼で見る夜景は格別らしいのです。

レーシック手術一つで、視力回復だけではなく夢と希望が広がるものなんですね。
ただ、残念なのが将来「老眼」になってしまうということ。まぁ、老眼になるということは裸眼の視力がいい証拠ですから、仕方がないことですよね。

サイトナビ
ボールペン字 通信講座 医療事務おすすめ資格 老眼とレーシック

HOME > 老眼とレーシック